ひつじの公園

国の緊急事態宣言が出て一週間。三重県は対象外でしたが、知事が10日に「感染拡大阻止緊急宣言」を独自に出しました。一部学校が再開していた地域もあったのですが、また今日から休校になったようです。愛知も県独自の緊急事態宣言を出し、岐阜県は「非常事態宣言」を発令(もう何が何やらわけがわかりませんが)。
3月はまだ三重県は都市部に比べるとのんびりしている感じはありましたが、さすがにこの1週間は人の意識もかなり変わってきたように思います。

志村けんさんとほぼ同年代の両親も高齢なので今会うのは危険だと思って、なるべく外に出ないでねーと玄関越しに物資を渡すだけです。もしも両親と同居していたらもっと早い段階からライブ活動は出来なかっただろうなと思います。
受験生だった姪っ子が、このコロナで大変な中無事に志望校に合格して、本当に嬉しくて、お祝いを持って大阪に会いに行く予定だったのですがこの状況ではもう次にいつ会えるかわからないので泣く泣く郵送しました。
(今は非対面で荷物が受け取れるのでありがたい。コロナ終息後も続けて欲しいサービスです)
念願の高校に入れたのに入学式もなくなったそうで、とてもかわいそうです。
海外ではオンライン授業などに切り替えて授業を受けたりしているようですが、日本はちょうど新年度の変わり目だったのでなかなかそれも難しい状況ですね。
姪っ子たちが大好きなYouTubeでも今はたくさん勉強できるので、まだいい時代なのかも知れません。
何はともあれ、家族はみんな元気に過ごしているようです。

わたしはというと、こんな時こそ!と曲作りに集中したいところなのですが、なかなか思うようにはかどらず、ヨガも2ヵ月休みになって身体も全然動かせていないからなのか(ヨガは家でもやる気になればいくらでもやれるものなのですが、それが出来る人ならばそもそもお金を払って通ってないのですよねえ)、気分も日に日に鬱々としてきて、この感じやばいなぁとメンタルの危機を感じて、久しぶりにひつじの公園へ行ってきました。
車は普段あまり使わないし維持費も大変だし、手放してしまえ!と思ったときもあったけれど、人に会わずに移動できる車があって今は本当によかった。

ときどき信じてもらえないのですが、四日市にひつじのいる公園があります。
昔、この公園のすぐ近くに住んでいたことがあって、その頃よくこの公園へ行きました。
ひつじに会いに行こうと思うときは大抵辛いことがあったときで、ああよく辛いときにはここのひつじたちに会いに行っていたなぁと思い出しました。
今はもうその頃辛かったことがどんなことなのか思い出せないし、記憶を手繰り寄せてみても、今辛いと感じることから比べたら全然辛いことではないように思ったりもして、いつか何年か経って今のこの日々のことも、あの頃はあんなことがあったんだなぁと平気に思える日々が来るのかな。乗り越えてそう思いたいな。と思ったしばしのひつじ時間。
ほとんど人はいませんでしたが、いても絶妙な距離をとってソーシャルディスタンスは完璧。

そういえば、ウォーキングするぞーと意気込んで、なかなか実行に移せないまま時がずいぶんと過ぎていましたが、やるならまさに今!
ウォーキング用のウエアとシューズはもうずっと前からあるー!笑